エマ・ワトソン絶賛!女性の快感を追求した性教育サイト「OMGYES」日本版スタート

タブー視される女性の性的快感。2,000人以上のリサーチと科学調査による実践テクニック集が日本解禁
zoey-talking
Pocket

エマ・ワトソンが「もっと早くに欲しかった。絶対にオススメ。」と絶賛し有料購読した性教育サイト「OMGYES」をご存知でしょうか?

当時、彼女の口からその話題が出たことに驚きのニュースが各国を巡っていましたが、その絶賛っぷりに一体どんなサイトなんだと気になっていた人もいるのでは。

OMGYESは、女性が性的快感を得るための詳しい方法に関して18~95歳の2,000人以上のリサーチを行い、その結果から得たテクニックを動画で紹介しています。購読料を払うと、女性自身が性的快感を語り、より良い快感を得るためのマスターベーションの仕方をレクチャーする動画や、タッチパネルで女性器の触り方をシミュレーションできるコンテンツを体験できます。

そんなOMGYESの日本版がスタートしたというので担当者にお話を聞いてみました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-05-06-18-43-18

omgyes

現在サイトにはシーズン1と題して「クリトリスへの外部刺激」をテーマに、50本のショートムービーと、実写の女性器を見ながらクリックしたりドラッグ操作で女性器のタッチ方法が練習できる11本のタッチビデオが並んでいます。サンプル動画もありますが、全ての動画を見るためには3400円の登録料が必要です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-05-05-23-57-13レクチャー別に12種類のエピソードがあります。

ショートムービーは女子器のどの部位をどのように触れば感じるのか、快感を得るための方法を実際にマスターベーションしながら説明するなど、かなり実践的な内容です。何より動画に出演している女性は全て一般女性だというから驚きです。年齢、人種、セクシャリティ問わず様々な方が笑顔で出演しています。

lee-talkingLeeさん

sonya-smileSonyaさん

sydney-indoor-4Sydneyさん

jillian-hand-demoJillianさん

zoey-smileZoeさん

そしてOMGYESの特徴でもあるタッチビデオ。動画に出演している女性の性器画像を元に作られているためここには掲載できませんが、実際に体験してみました。最初は画面に広がる女性器の実写画像に驚きましたが、イラストで解説されるよりリアルでわかりやすい印象です。

指示された内容通りに女性器画像の上をクリックしたりドラッグすれば女性の声で「その調子よ。いい感じ」と褒めてもらえたり、指示通りできていなかった場合には、ここをタッチするようにとサポートポインタが表示されます。音声は全て英語ですが日本語字幕が表示されます。

画像の上をドラッグすると女性器の画像もドラッグの動きに合わせて変化するので、男女ともに勉強になるかもしれません。

phone-profile

——OMGYSを立ち上げた理由は?

科学調査によると快感度、満足度が高いセックスは恋愛や健康にも良いとされています。しかしながら、学術的にも、科学的にも、女性にとってどのような触れ方が快感につながるのかはこれまで闇に包まれてきました。

そのような研究には基金は助成金を出さないため、女性の性的快感に関する情報は多くの場合ウワサ話に過ぎないことがよくあります。そこで、私たちはこれまで一度も行われたことのない性的快感に関する大規模調査を行い、その結果を女性たちと彼女らのパートナーたちに提供することにしたことが始まりです。

 ——現在の登録者数や男女比を教えてください。

約1万5千人が登録しています。当初は男女の割合は半々でしたが、ここ数カ月で購入したユーザーのほとんどは女性です。最初は一人で試してみて、パートナーと試したいタッチが見つかったら一緒にやってみる人が多いみたいですね。

現在、英語、ラテン系スペイン語、エスパニョール(ヨーロッパで使われるスペイン語)、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、イタリア語、オランダ語、韓国語、日本語で展開していますが、今後、ロシア語、中国語(簡体字と繁体字)でのリリースも予定しています。

 ——利用者からはどのような反響がありますか?

私たちが感動するほどポジティブなものばかりです。女性、男性、カップルから具体的な情報に感謝する声が毎日届いています。女性誌ELLEは「すべての女性はOMGYESに登録するべき」と紹介し、エマ・ワトソンは「もっと早くからあってほしかった。絶対にオススメ。(投資する)価値はある」と称賛しています。

couple

——国ごとに反響の違いはありますか?

万国共通のトピックスなんだと感じています。実際に、アメリカ合衆国での売り上げは全体の20%ほどです。ただ文化によって注目する点が異なっています。フランス人は最新の科学調査結果や統計にいちばん興味を示し、韓国人はパートナーと試してみたい行為を明確なメニューから選べるのが最もうれしいと感じているようです。

 ——OMGYESは、女性への大規模調査をもとに構築しているとのことですが、どのようなリサーチを行なったのでしょうか?

OMGYESシーズン1(クリトリスへの外部刺激)は1000件のスカイプインタビューと、さらにインディアナ大学とキンゼイ研究所の研究者たちが行った18歳から95歳までの女性1000人の科学調査に基づき製作されました。それ以降、さらに1000回以上のスカイプインタビューを行っており、今年は4つの科学調査研究を行う予定です。今回の調査内容は内部刺激、そしてOMGYESを使用するとパートナーとの関係は幸福度が高まるのか、などです。

他国でも調査を行う予定はありますが、科学的に有効性のある結果を出すためには各国の大学と提携しなければ本当にその国の実態を反映するデータは出せません。

zoey-talking

———日本の性事情はどのように感じますか?

日本は女性の性的快感をタブー視していますが、科学は強く肯定する文化です。なので、性的快感と体の「親密性」を科学的な観点から検証し、実践と調査に基づいた統計を提供すれば、そこから見える情報が赤裸々であってもその利点が認めれるのではと期待しています。

日本だけではなく他国にも言えますが、今まさに素晴らしいシフトが起きはじめていると感じています。親密性とはいったいどういうものなのか、性的な快感はどう起こるのか、そしてそれが幸福度や包括的な健康にどんな好影響を及ぼすのかなど、科学的な事実を女性やカップルが知りたいと思うようになってきています。

 ———今後の展望を教えてください。

最初のリサーチ結果は興味深いものでしたが氷山の一角にすぎません。女性が出産、または閉経を経験すると快感との関係はどう変化するかも研究したいテーマです。私たちが作りたいのは科学的なレンズを通してセックスを探求できるコンテンツですが、そのために切り口は親しみやすくてオープンな統計や動画コンテンツなどにしています。何でも話し合える親友と話している雰囲気を目指しています。

———ありがとうございました。

タブー視されている女性の性的快感に対して科学的にリサーチしつづけるというOMGYES。年齢、人種、セクシャリティ、多種多様な女性たちが赤裸々に語り、ありのままの姿を動画で公開しているのは正直面食らう部分もあります。ただ、蓋を閉めてきた女性の快楽というものに単一的な想いだけではなく、継続的なリサーチを通して真摯に向き合う姿はとても素敵です。

実際にこの動画が必要か必要でないかは個人によりますが、性的快感やパートナーとのセックスに関して気になる部分があれば、一度サイトを覗いてみてはいかがでしょうか?

iraiza