あの夜、女性が歓喜した。性を教養にする「iroha夜の女学院」再び

TENGAが性を教養として嗜むイベント「iroha夜の女学院vol3」を開催するみたいですよ!今回も楽しみですね♡
1200x630
Pocket

こんにちはイライザです。
今日はTENGAさんから嬉しいお知らせが届きました。

第三回「iroha夜の女学院」の開催が決定したとのことでございます!わ〜い♡

1200x630

TENGAが2012年に発売した女性用セルフプレジャーブランド「iroha」。男性目線で作られていることが多かったバイブやローターを女性目線で作っているブランドで、私も愛用しております。

d634cdb8-s
irohaグッズ(画像提供:典雅)

そんなirohaが2015年から開催しているのが男子禁制の女性限定イベント「iroha夜の女学院」。

コンセプトは「女性に“性”を単なる『エロス』としてでは なく、『教養』として嗜んでいただく」というもの。

前回、前々回のイベントでは日活ロマンポルノを鑑賞後に、二村ヒトシ氏との共著「日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない」などで知られる作家の湯山玲子さんによるトークセッションが行われました。ロマンポルノを単なる性商材として観るのではなく文学的な観点や笑いを交えて語り合うトークは毎回女性の笑い声に包まれています。

20150706041118前回のイベントの様子(画像提供:典雅)

前回のイベントレポートはこちら 
【レポート】今「日活ロマンポルノ」が熱い!女子が笑う、倒れる、そのワケとは? – ランドリーガール

 

 

そして今回も日活ロマンポルノ鑑賞後に湯山さんによるトークが繰り広げられるようです。

TENGAさんによると

「28年前に上映されていた『日活ロマンポルノ』は、女性の大胆かつ美しいヌードや性描写を映した映像美により、多くの女性たちを魅了してきました。成人映画の枠を超え、時にその年代の性に関する価値観までも映し出す。そんな作品達に触れながら“性”について楽しめるイベントとなります。」

とのこと。

今回鑑賞する作品は神代辰巳監督の『四畳半襖 の裏張り しのび肌』。昭和初期の花街を舞台に男女の性の営みが情緒豊かに 描かれた作品とのこと。11月26日からは日活ロマンポルノが復活し新作が公開されるので、その予習としても楽しめるかもしれませんね!

%e5%9b%b31

あ、当日ご来場された方にはirohaグッズもプレゼントされるみたいですよ。

ではでは秋の夜長に女性同士、性を大いに楽しんでみてはいかがでしょうか?

ae44aa7d

【イベント概要】
・イベント名:iroha夜の女学院Vol.3ー四畳半襖の裏張り しのび肌ー
・開催場所 :新世界 六本木  港区西麻布1-8-4 三保谷ビルB1 http://shinsekai9.jp/
・開催日時 :11月23日(水)19:00~21:30(18:30開場)
・参加条件 :18歳以上の女性限定
・定員 :40名
・参加費 :3000円(1ドリンク込)
・参加特典:iroha製品プレゼント
・登壇者 :湯山玲子
・上映作品 :『四畳半襖の裏張り しのび肌』
・予約サイト :http://ptix.co/2eSOP9P